· 

Youtubeまとめ その1

自己紹介動画です。

ここから始まりました。


発達障害とはそもそも何なのか?

についてお話しています。

発達障害とは先天的なものであり、周囲と本人の理解や工夫次第では能力を大いに生かせるものになります。

ありのままその子を見たときどう感じるのか?

障害の有無ではなくその子の事をどれだけ見れるのか?が支援のカギになってきます。

厚生労働省(みんなのメンタルヘルス総合サイトより)


今日は昨日に引き続き発達障害とは何か?の後編部分

3つのタイプと考え方についてです。

発達障害とは先天的なものであり、周囲と本人の理解や工夫次第では能力を大いに生かせるものになります。

ありのままその子を見たときどう感じるのか?

障害の有無ではなくその子の事をどれだけ見れるのか?が支援のカギになってきます。

3つのタイプはそれぞれありますが、あるかなしで考えるのではなくどのくらいあるか?で子どもへの接し方が明確になります。

少しの意識の変化が大きな変化を生み出します。

厚生労働省(みんなのメンタルヘルス総合サイトより)

 


まずは知る事から始めましょう。

ADHD(attention deficit/hyperactivity disorder)は発達障害の1種であり、

主な症状としては、落ち着きがない、忘れ物が多い、衝動を抑える事ができない(大声を出す、突然走り回るなど)があります。


※動画中の解説に誤りがございます。

テロップでも表示しておりますが2000年に自閉症スペクトラム障害として統一された→正しくは、2000年に広汎性発達障害の1つのカテゴリとして定められていたのが、2013年に自閉症スペクトラム障害として統一された。です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずは知る事から始めましょう。

ASD(Autism Spectrum Disorder)は、2000年に広汎性発達障害の1つのカテゴリとして(自閉症、アスペルガー症候群、レット障害、特定不能の広汎性発達障害)定められていたのが、2013年に自閉症スペクトラム障害として統一されました。

その際にレット障害は染色体異常に伴うために、発達障害の定義からは除外されました。

また、IQ70以上で言葉や知的の遅れがない状態の事は高機能自閉症と定義されています。


LD 学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れは無いが、聞く、話す、読む、計算する、または推論する特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。

学習障害はその原因として、中枢神経に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、精神薄弱、情緒障害などの障害や環境的な要因が直接の原因となるものではない。

(学習障害及びこれに類似する学習上の困難を有する児童生徒の指導方法に関する調査研究協力者会議(文科省)最終報告(1999))より

 

小児期に生じる特異的な読み書き傷害は発達生ディスレクシアとして知られ、知的な遅れや視聴覚障害がなく充分な教育歴と本人の努力がみられるにもかかわらず、知的能力から期待される独自能力を獲得することに困難がある状態と定義されている。


二次障害とは、何らかの障害を持つことから社会生活をする中で二次的に起こってしまう環境とのミスマッチの事を言います。

自他共に理解を深める事によって予防や改善が可能になります。


拡大解釈で苦しまないようにするためにはどうしたらいいか?

拡大解釈はNLP神経言語プログラミングで言うところの一般化と言われるものです。

例えば僕はいつもクラス全員から嫌われているんだに対し具体的に誰か?を聞くと名前が数名しか上がってこないなどは良くある話です。

1つの事象が全てに感じてしまってそれを当たり前のように捉えてしまう事象を一般化と言います。

拡大解釈で苦しまないようにするためには、固定観念を和らげる必要があります。固定観念を和らげる一つの方法は自信をつける事です。

OODAループとは、

観察→理解→決断→行動

の先が見えない時に効果的な行動につなげるための考え方です。

良くビジネスで使われる考え方ですが実は子どもと接する時にも大いに役に立つ考え方です。

ありのままその子をみた時にその子の存在をどう解釈するかによって接し方は大きく変化をします。


ありのままを見る

言葉で表すと非常に簡単ですが、固定観念や先入観を取り除きありのままを見ることはとても難しいものです。

私自身固定観念が強く本当に苦労しましたが、この見方が自分にも子供に対しても徐々にできるようになって来て大きく変化をしました。

毎日コツコツする事が大きな力を生み出します。


【ご挨拶】

発達障害や不登校のカウンセリングおよびトレーニングを京都で行っています、油谷拓哉です。

子ども達のイラストを採用し子育てに必要な情報とトレーニングを掲載したフリーペーパー「おふとんユタニさん」を発行中!

またFaceBookグループ運営中!

トレーニングメニュー等を公開しています。

公式ラインはこちらから!

 

Instagram

 

ツイッター